放課後リリークラブ
放課後リリークラブ

代表者挨拶

IMG_0856 2年前、知り合いにたまたま仕事を紹介されたのが、放課後等デイサービスでした。
自分自身が幼い頃に体験した事や、私の身近に障がいを抱えている子もいましたので興味もあり私はすぐに働きだしました。
そこで働き、いろんなお子さんや従業員達と話したりしているうちに、 「もっとより良いものを自分なら提供できるのではないか?」「子供の目線や保護者の目線で考えれるのではないか?」と強く思うようになりました。
ある日働いていた時にお預かりしていた保護者の方からの一言がきっかけで自分自身で放課後等デイサービスを立ち上げようと決心しました。
子供たちや保護者様と常に近い距離で考え、私自身よりよいクラブにしていく事をモットーに明るく成長していければと思います。

 

放課後リリークラブ 代表 松本直也

 

私たちの考え(支援方針)

 

2012年4月に定められた児童福祉法としての「放課後等デイサービス施設」です。

 

障がいのある、主に6~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)が、学校の授業終了後や長期休暇中などに通うことのできる施設です。
私たちは、子どもたちの健やかな成長と、自立した心と体づくりの支援を心がけております。
指導員一同、子どもたちと全力で向き合い、ひとりひとりの個性に合わせた最適な「遊び」「学び」ができる支援計画を立て、積極的により良い取り組みを実施していきます。
「第二の我が家」として子どもたちの生活の幅を広げ、ともに成長していきます。
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

Q&A Q&A